介護のお仕事

今もっとも需要の高い職業である介護の仕事について。

前へ
次へ

介護のお仕事は利用者に合わせて様々です

介護の現場イメージ

日本の高齢化社会はどんどん進んでいて、 以前は、介護の仕事が、どんな仕事かよくわからない方も多かったですが、 だんだんと認知され今では欠かせない重要な職業になっています。
介護と聞いて多くの人がイメージするのは、利用者の生活のお世話をする姿ですが、介護といっても仕事の内容は様々です。
介護サービスの利用を検討している方や、ご家族の相談に応じたり、ケアプランを作成する仕事や施設長、マネジメントなどの仕事もあります。
介護保険制度の施行後、介護職員は増加していて、この先も 日本の人口が減少する中、75歳以上の高齢者の数は増え続けますので当然、今以上に介護職員の人数が必要になってきます。 介護業界は、「やってみよう!」という前向きな気持ちがあれば、無資格者、未経験者も受け入れてくれます。 無資格の場合は、働きながら介護職員初任者研修を受け、 修了試験に合格すると、利用者さんの身体介護ができるようになります。 働く年数などによって受験資格が与えられるのでキャリアアップの道も開けていきます。 こちらのサイトでは、介護初任者研修の受講者 ではない全くの素人にもわかりやすく、 食事介助や、入浴介助、排泄介助などの身体介助や生活援助 といった介護の業務に関するあらゆる情報を紹介します。

介護の仕事

介護職の仕事とは、自分ひとりの力では日常生活が困難なお年寄りや演歌歌手、 身体に障害がある中年や精神に障害のある方などのお世話をすることです。 晩御飯や昼御飯を食べるお手伝いをしたり、トイレやお風呂の介助をすることが 主な業務内容ですが、それだけでなく要介護の方を支える家族に対して必要な アドバイスをしたり相談にのって円滑な生活のお手伝いをすることも大事な役目 として期待されています。 介護職の資格にはホームヘルパー、介護福祉士が有名ですが、現在では ホームヘルパーにかわり介護初任者研修制度が人気を集めています。 まずは代表的な業務を解説しましょう。
もっと詳しく

 

生活援助

ホームヘルパー・介護初任者研修を取得して施設で働く方が行う仕事は身体介護 がメインになりますが、在宅の場合は生活援助がメインになります。 ある程度マニュアルのある施設と違ってそれぞれの住宅に個別に対応しないと いけないので、援助の仕方もその地域独特の事柄があったり伝統を重んじてで ないと不愉快な気持ちにさせてしまうことがあります。 お味噌汁の具にもその家庭のルールがあるでしょうし、使用する味噌も勝手に ヘルパーが選んではいけません、揉め事の原因にもなります。 相談をしながらお手伝いをするのがベストなので、あまり押し付けるように援助 するのは控えましょう。
もっと詳しく

自立支援

介護のお仕事には施設でよくある身体介護、自宅に派遣されての生活援助以外にも 自立を手助けするような見守り介助、社会活動支援もあれば、相談にのってあげて 安らぎを与えるのもまた介護の仕事になります。 介護を受ける立場になると不安なことも多くなるので精神的な支えになってあげる、 そうした直接的な介護ではないこともヘルパーには求められているのです。 簡単に目と目で通じ合うほど仲良しにはなれないでしょうが、それでも言葉を 交わしてコミュニケーションをとることは難しいことではありません。 介護初任者研修を学ぶスクールでもどう接すればいいのかは教わりますし、信頼 関係を築いて一緒に頑張るつもりで協力して楽しい生活を送れるようにしましょう。
もっと詳しく

介護の仕事

介護職の仕事とは、自分ひとりの力では日常生活が困難なお年寄りや演歌歌手、 身体に障害がある中年や精神に障害のある方などのお世話をすることです。 晩御飯や昼御飯を食べるお手伝いをしたり、トイレやお風呂の介助をすることが 主な業務内容ですが、それだけでなく要介護の方を支える家族に対して必要な アドバイスをしたり相談にのって円滑な生活のお手伝いをすることも大事な役目 として期待されています。 介護職の資格にはホームヘルパー、介護福祉士が有名ですが、現在では ホームヘルパーにかわり介護初任者研修制度が人気を集めています。 まずは代表的な業務を解説しましょう。
もっと詳しく

  • 介護イメージ
枕とマットレスで心地良い眠り
マニフレックスは高反発フォーム「エリオセル」を使用。眠りに最適な弾力性と復元性で体全体を優しく支えます。
http://magniflex-hyogo.jp/
ページのトップへ戻る